アメリカ人の関係の

パオロ・バチガルピ アメリカ人(コロラド生まれらしい)で、両親がヒッピー。 大学時代に支那へ行き、ちょっとお仕事して、1996年帰国。その後コロラドへ行ってなんかする。ウェブの開発をしたり雑誌の編集したりする傍ら、えすえふを書く。 支那を舞台にした…

なんぞタームの関係でなんかあったらしいので

魔使いの弟子 SPOOK がなんなのかは不明。少なくとも、魔物に対してその辺のナニで対抗するものの呼称として使はれる。 邦訳の際、「畑」と訳されてゐたタームは、そこで酪農をやってゐる関係で、文庫化に当たり「土地」となったさうである。 毛唐はさういふ…

銃・病原菌・鉄拳

J・ダイヤモンド説に基づくヤックルさん。 aエサ(なんでも食ふ)、b成長速度(速い方がよい)、c繁殖(人前でセックスしてくれるの)、dパニックに陥ったら(皆でぢっとまつ。てふかe長がゐる集団生活をする)、f気性(大人しいの) 『もののけ姫』の 厳密にはアカシ…

西欧の農耕

西欧の視点で、農耕を描く。 なので畜産をオプションとして当然のやうに描く。 西欧では「嘗て散播」であったが、18世紀、イギリスで種まき機(ホッパー)が発明され、それによる条播で、効率的な発芽がうんたらかんたら、と書いてある。散播のデメリットも描…

お茶

お茶関係 苦いので五行関係では火。なので火属性の達磨の瞼からとかの伝承がある。 アイザック・アシモフによれば、アメリカ人は当初それを飲料だと知らず、なんかお湯に入った野菜だと思って、湯を捨ててゐたさうである。 ただ単に無知無教養のなせる業だけ…

うんこで地獄体系

センセーショナルな語りで一世を風靡はした著者による、うんこがへんないきもの。 フィリピンの、夥しいコウモリがゐる洞窟を、「地獄」と称する。 洞窟の下はゴキブリとカニが這ひ回り、落下する蝙蝠を待つ。また、壁には蝙蝠食蛇が、蝙蝠を食らはんと待機…

クラゲ関係

一応クラゲの本。 エチゼンクラゲの大発生について、注視するべきと勧告。 コトクラゲ、さういふわけで昭和天皇陛下がご発見あそばされたあれの他に、まう何種類か、しかも比較的浅い海にも生息してゐる旨を報告。 てふか、コトクラゲは厳密にはくらげぢゃな…

マンギマンギ

秋津島(厳密には沖縄のマングローブ林)にワニがゐたって… 紅樹林 と呼ばれてゐたマングローブを、「マングローブ」と言ったのは田中芳男大先生。うわぁああ 樹木の上でしばらく育ち、根っこを生やし、適当なところで落ちて漂ふ、といふ繁殖法は、「アフター…

パトリオティカ

作者の新井素子大先生は、関東ローム層の上にお住まひで、 関東ローム層の上で育った自分、に自信を持ちまくってゐる。 その大関東ローム層の上にふんぞり返る大練馬で、「白菜とか大根とかを育てて」それを食って育ったと自負する。 そのいろいろを、作中に…

人名関係の

朝鮮人は、いろいろあって「1945年から」表記の分裂があったさうで、とこの本には書いてある、李の字が韓国語では「イ」北朝鮮では「リ」になったとか。ナニとかそれとか言ひたいけどやめる。 なんだ、木火土金水に基づき、木(1,2画)火(3,4画)土(5,6画)金(…

生殖の関係のアレ

ウィキペディアで否定されてゐる、ギンブナの、「ウグイ、ドジョウ、コイと交配して」子供を作る生態が紹介されてゐる。 『シンカのかたち 進化で読み解くなんとかかんとか』でも、cNEMIDOFORUS属の(まう一種ゐるらしいのだが)トカゲは、交尾のやうな行動を…

カルチャーの初期

縄文農耕説といふ、衒ひのないものを、「豆の圧痕」と「コクゾウムシ」から探る。 過程で、縄文の先人が、酒作る過程で飯も確保系か、雑草ばんばん喰ってたらなんかアレした系か、の世界的な「どうやって農業が始まったか」の可能性がざっくり描かれてゐる。…

御言を聴けってば

さう言へば、船の関係には、聖所としてツツと呼ばれるところが設定され、 そこにダイスが置かれ、(南方熊楠がなんか書いてた筈で、置き方が確かwikipediaに前書いてあった気がするがいいや)イコンと言ふことになったさうである。 折口信夫先生によれば、ここ…

もののけ姫のネタ本ぽい

ジコ坊(ヌメリイグチの方言か)の衣裳デザイン、あのぉー最初の方でアシタカヒコへ文句こくお米売りの姉さん、多分タタラ場、の関係とその他なんか、非人とかが中世、蔑視されながらもある程度社会に受け入れられてゐた旨を説く。 階級闘争をぐだぐだにしさう…

御言を聴けと

特に根拠のないわけでもないのだが、 怖くてなんかリンクがはれんのだが、摂理人の人、キリスト教福音宣教会の人は、さすがに宮崎駿作品をご存じならしい(若干知らん可能性がある人がゐる)のだが、 マインドコントロールとやらを受けてゐるらしく、ブログで…

謎の鳥

私説博物誌 で 筒井康隆大先生は恐竜の発見 (ハヤカワ文庫NF) を引き合ひに、エドワード・B・ヒッチコック大先生とやらの、三畳紀の地層にある「鳥の足跡」を探して回った話を紹介してゐる。 なんか後に始祖鳥が発見されたので、三畳紀のコネチカット渓谷に…

弥勒と原罪

善神で正義のどブス弥勒(ミルク)と、邪神シャカの対立が、琉球~朝鮮にあったと説く。豊穣神だったらしい。 ほんでもって、邪神釈迦あるいは釈迦がなしと弥勒神がいろいろあって、原罪のやうなものを人間に植え付けることになったと説く。 朝鮮プロテスタン…

体躯の関係

文鮮明と仲の良かった大山倍達師範の伝記。 「正しい準戦勝国民」として「日本人の側に立った」傳承があるのは面白いと思ふ。 英国のバーティツは、講道館柔道を見てゐた鉱山技師の筈のエドワード・ウィリアム・バートン=ライト御大(敬虔なクリスチャン)が…

御言を聴けッ

摂理とか 世界基督教統一神霊協会だか世界平和統一家庭連合(ナザレのイエスはいまだにママンを「婦人」とかこいてるのだがどうしてその信者と称するものが家族とか言ふのかは不明っつうか家族がどうとかはキリスト教から行って異端なんだけど) の構造として…

韓国のあれ

では、「第四のペルソナ」に教祖を入れる「架空のカルト教団」が登場する。 鄭明晰@囚人番号が4499先生と、家族連合は、元混淫派とよばれる、 スピリチュアルなプロテスタント(この辺は別にオリジナルで素朴で偉大である)からの派生と言ふかほぼ引き写しで、…

なんか生物学的にあれだ

生物学的に、キリスト教徒あるいはアブラハムズカルトの信徒が「対象をガン見」してゐるのは、植物はあれか、けっこうその辺で見られるが、「風立ちぬ」(マンガの方)では、宮崎駿御大の嫁の親戚筋で、品川さんとおっしゃるクリスチャンが、経営する「ペリカ…

御言を聴け

ttp://www.j-cgm.net/?p=448 では、破壊的カルト 摂理あるいは「キリスト教福音宣教会」の独自の発想として、 「エリヤを養ったカラスは偶像崇拝者である」 と解釈される。 では、オレビーム(カラス)はアラビーム(アラビア人)の誤記だ と言ふ説が展開する。 …

シンクレティズムの

落語 「御神酒徳利」 三遊亭圓生 - YouTube シンクレティズム と物部氏に関するポジション イコノクラスムに関する解釈が面白い 触媒での算盤もけっこうおもしろい。

生殖の関係

コウモリさんは 冬眠する関係で、交尾の後すぐ受精卵が着床して、とやると餌関係のコスト的にだめになるので、 ユビナガコウモリのやうに、受精卵がしばらく子宮内でふよふよし、冬眠期辺りに着床する(熊とかイタチの仲間とかがやるタイプ)か、 他の結構な種…

ノモス考

奈良時代、秋津洲の領土は天皇陛下の「なんちゃって領土」であり、その社会主義的な所から、官僚の支配する物を、自治の方へシフトせんとする領主が台頭し、鎌倉時代に「姓でくくられるノモス」ができたとする。 従って、鎌倉時代はまあ官僚系へ行った平氏の…

公式は以前から

PIXIVで「マトリョーシ姦」とやらいふ、どうやって性的興奮を惹起するのかわからないものが、なんかもてはやされてゐる。 なんか「妊婦へ挿入し その中の胎児の中の胎児の中の胎児へも入れる」と言ふものらしい。 現実には、雄はやってないが、セクロピア(ナ…

爆裂 牛関係

『極限世界のいきものたち』(横山 雅司)で、ジャコウウシを取り上げた際「スターウォーズにこれのような生き物が出た」とあったが、スターウォーズ関係の で、お父上と息子が、ソレっぽいクリーチャーに釘付けになってゐる様が描かれ、 では、そのジャコウウ…

アメリカケイオティカ

浅羽通明大先生は、アメリカで、ロビイストとっ捕まへて政界へアレすれば、いかなる法案も通るさうで、冷戦時に中華ロビー ソヴィエトロビーがゐたのは普通として、第二次世界大戦中、リンドバーグが飛行機で、インド洋まで飛ぶ前に、ハアケンクロイツの処の…

惰性で

群馬県の自然史博物館監修のあれだけぇどなぁ、スピノサウルスの標本そのものが少ないもんで、このシリーズで帆のある生き物の比較とかで出る(三畳紀にゐた謎のアリゾナサウルスも帆の形状と標本の数が同じくらゐなので「三畳紀の生物」でも掲載)ときは、「…

宮崎駿が褒める

宮崎駿御大は、なぜか「指輪」関係を、まあアニメ版はー、戦闘シーンちょっと来たけど、御大によれば「素人に仮装させてチャンバラをさせているのをトレースするのでしょぼい(大意)」さうで、かう言ふ批判のみを延々やってゐる。 他は「この辺は素晴らしい」…

ワニ関係

小谷野敦先生によると英語で「ワニ」に当たる語がない、さうであるが、 三畳紀からジュラ紀にかけて、ワニ系の生き物がはびこり繁栄し栄へ結構出たさうで、なのでワニどころかワニのやうなものの語を出さないといけない、らしい。ので、 さう言ふのをクロコ…

古生物のアレ

冒頭登場するオサムシ の、学名は、虫の西田おにいさんが関与はしてないはずだけど、命名者に珊瑚の携帯を連想させてしまふアレらしい。ラテン語を英語で読む手癖が付いた欧米では、さうするらしい。手元に資料がないので「AGRA CADABRA」しか出てこんが。 …

日の下に新しい物なんて

「幽霊塔」いいんだけども、まあ。あの江戸川乱歩の作品の前の黒岩涙香の翻案 の前の翻案、といふアレンジの歴史を襲ひつつ、どうやってお客さんへこれを見せるかの苦心が語られる。財宝の描写に関し和風にするのへ「なんという後進性!」とか憤慨するのが微…

リンゴ園の

作者の田舎に関して、なんとなく言はれてみると、人物評が同郷である西原理恵子先生の「富士鷹ジュビ子っ」とかに似てなくもないが、えー、この本によれば澁澤先生は多分脳内に、なんぞの定型なフォーマットが入ってゐて、ローマで食卓と言ふと然るべきロー…

お米の関係の部分

文明の発祥をメソポタミアだけに限定する。 イネを「一万二千年ころ食べられていたが、栽培化したのは八千年前」とする。あまり、東アジアとヨーロッパの農耕の違ひを言はない。

五行説に都合がいいっつうか

オドントケリュスの紹介の際、「中国の神話」が紹介される。 でもオドントケリュスの隣には、ウミガメが載る。オドントケリュスさんは、指を持つ種類さんで、ただ単に肋骨から発達した腹甲を持ってゐるに過ぎない。 でもって、 によれば、腹甲を持つオドント…

気になるので

鎌 起源はものすごく古いらしい。 草刈り用の用具だったらしい。 アイヌの関係では、鎌は「再び生える能力を生命から奪う」物である為、結構特殊なものでしか使はれない。さらに「女の得物」と言ふものである関係で、性差バイアスは普通のデフォに基づき、「…

アフリカンな

アカヒのみやましいおいさんがアフリカ行って食べた物の本。みやましいおいさんだもんで、シュバイツァー博士に関する排除運動に苦言を呈してゐる。五万パーセント賛同するが、私がその辺の土人である場合、言論の自由をと言ふ同じ口で、「人類はみな兄弟で…

ばななー

バナナは、種が無いと言ふ異常な存在であり、根栽文化の一応代表に一応属する。 栽培化について、中尾佐助先生は「一万年前」説を紹介して、自身は「五千年前」説をとってゐたが、どっかで「中尾さんは一万年前だとしている」と言ふの見たけど、忘れた。 某…

エジプト人のアレ

古代エジプトでは、ハイエナ、キリン、ライオン、なども飼育せんとしたさうである。 まあリビアヤマネコが倉庫で鼠を狙ってもふもふしてゐるのを、飼ってみようと思ふ時点で実はあほなのだが、麦食ってる文化圏の人は、かのノアが清いものとけがれたものを救…

めも

となりのトトロ イエスが笑ったか笑はなかったかといふキリスト教的な考へかたの対蹠的なものとして、監督は呵呵大笑する日本の神々をあげる。五行思想においては口を克して 日高のり子さまのよい御声はいらんが、笑ふファイヤー系の笑と、口を開けるだけの…

バスク・エキゾティック

バスク関係の、二十一世紀には、大人しい路線へ行くとか言っておられる、ETAの人は、なんか「エウスカディ タ アスカタスナ」の名前に近代的ノモスとしてのバスク国家建設するぞ的な臭ひがあるのである。 で略称は屠畜者蔑視に基づく言ひ変へに、唯々諾々…

おいもさんヴィタール

唐沢なをき「チョロ恐」で、沖縄のぢょしだいせいが、「沖縄ではブタの幽霊が」とか言ってゐるのが大変アレであった。 文書で出てゐるのでなくて囁かれてゐるらしい。へー。 どっちかっつうと「となりのトトロ」で、トトロの小さいのがサトイモと思はれるも…

原罪とかコミュニティとか

ジョン・ハンフリー・ノイズのオナイダ・コミュニティともののけ姫のタタラ場 一応両方「暴力機構からの解放」がメインで共産主義っぽいナニがある。外界とはお付き合ひがある。 オナイダなんたらは、複合婚と言ふ、「一日一回」「シニア以外は中出し禁止」…

賤民が選民で頂点へ

折口信夫大先生によると、英雄とかは、素戔嗚尊で表される、なんかフォースなものが、あるんださうで、、それを紹介する際は日本武尊がまだヲウスノミコトだったときに、兄貴をぶっ殺した故事を挙げて、それが発動したと言ってゐた。そのやうななにかを、白…

農耕の観点から

エゲレス人と言ふかスコットランドとどっかの人が著した、この古代生物の本の、「人類の曙」では、通常出る『中東の半月帯から発生した農耕文化が他へ伝播』と言ふ説を踏まえつつ、メキシコと支那が全然別の農耕文化を拵へたとする。

ごーすといんざしぇる

まあわかりやすい。押井守御大は、「メカフィリア」で、攻殻の思考戦車を、一応理想的な多脚歩行機械であるとし、かつ、鉄砲と言ふ精密機械があるアレなものと言ってゐる。 で、たしか銃を足として「八本足」であると主張してゐた筈であるが、監督によれば原…

秘密結社中華編

なんか支那では、ノモスがしっかりしてゐないので、秘密結社かネポティズム、林さんなら林さんで括られる一族が、しっかり結束してゐたと言ふか、そっちの法が国として機能してゐるらしい。で秘密結社の方。 支那の秘密結社が、互助会的な存在で、大ロッジに…

まだもののけ姫

「もののけ姫」で、エボシ御前の作ったプロレタリア部落の、癩病患者セクションの脇に、サトイモがあったが、照葉樹林文化の重要な作物で、それがあると言ふのが佐々木高明、中尾佐助説なのであった。 サトイモに関するナニが詳述。あと「シコクビエ=稲作の…

蓮の関係の

山内昌之「近代イスラームの挑戦」で、近代、エジプトへ行った日本の偉い人は、エジプトの畑が日本に似ると記してゐる、さうであるが、中尾佐助先生のナニをソレすると、違ふと思ふ。××みたいな奴だから、その辺の人が平気で屠畜するし、畑へまめに動物さん…