そういう観点から

中尾佐助「料理の起源」で、DOUGHカルチャー の双璧としての(ナンと)皮パンの方を受け入れた独自でかつしょぼいDOUGHカルチャーの文化圏のはじっこ日本で、そのしょぼいけどオリジナルな「中にドライフルーツを入れる」DOUGH料理を皮パンで作…

朝鮮恐竜とアジアの。

タルボサウルス(声は玄田哲章御大!)のナレーションで解説。かっこいいのだが朝鮮恐竜がしょぼい。 プキョンゴサウルスと言ふかっこいい恐竜はスルーなうえ、プロトケラトプスが「頭部のない状態」で登場。あうあうあうあう なんか韓国を代表するとか言って…

差別とかのアレ

みなもと太郎「風雲児たち」によれば、ロシヤ人は人種差別の感覚がなく、利害関係が一致すると鬼になるさうである。なんか軍事 戦史関係とか、ヘタリアでもその、同志に対する非人道性が茶化されてゐるが、さうへば「アップルシード」のブリアレオス・ヘカト…

秘密結社

参入儀礼が不明な結社の奴。ああ澁澤龍彦大先生とか有澤玲大先生とか、ああああああ。 フリーメイスンリーは、一応来日したイサーク=ティチングはメイスンリーの人なのだが、鎖国の壁と結社を忌避する空気に負けて勧誘はできず、ペリーがアメリカ(英国と並ん…

異端のアレ

そんなわけで、三位一体は異様な思想であり、油断すると三柱になってしまふ訳であるが、統一協会は三柱目の聖霊を「女性」としてゐて大変興味深い。のは置いといて、「光は東方より」はユダヤ人とかが東面思想をもってをって、ヘブライ語では東と前、南と右…

二次元からの

あの、なんか「ジュラシック・パーク」といふ、科学考証をしてゐる系の割に、「毒吐きディロフォサウルス」だのと言ふ考証無視の言はば怪獣でまくりの映画で、ガリミムスが隊列組んでたったかたったか走るのは、微妙と言ってゐたら、我が国の小林快次大先生…

大麦などを植える

シュナの田舎 ヒワビエと呼ばれる雑穀(多分)を移植栽培で植える。「女性が」「堀棒で」行ってゐるそっちの方はまあ条播に見えなくはない。おまけでヤックルと呼ばれる偶蹄類を飼ふ。ソレは「鞍を置かない」と言ふタブーがあるさうであるが、野郎だけが使って…

魔女っ考(いいんだおっさんだもん)

「鬼灯の冷徹」の魔法老女 マジカルマリンは、カエルが嫌ひで笊に乗って空を飛ぶ、らしい。この辺は豊穣神に仕へる巫女のアレしたやつであるが、某キリスト教仏教などの聖なるブラザーを無視してゐる割に、魔法老女マジカルマリンは魔女狩り以降の迫害され弾…

食文化の壁

スコットランド人も「**みたいな連中」なので、恐竜時代には「こう言う皮革材が取れます こうやって屠畜、皮剥ぎをしましょう」とか平気で書く。それはよいのだが、マンアフターマンの訳者ってD=ディクソンの知り合ひだった気がするが、ワラビ系の食べ方は…

エルトンの魔物とか

エルトンの魔。 チャールズ・サザーランド・エルトンが妄想したらしい、生物多様性の関係から、出る頂点捕食者。なので『エルトニアンイーヴル』と言ふ。 ざっくり言ふと、まづ大陸があって、そこに草(とにかく生産者)が生える。 次に、それを食べる第一次消…

アカデミズムの暗黒

STAP細胞と言ふかSTAP現象はなんとか言はれながら認知されるんだよ で、マイナスイオンのやうな奇怪な物体は、(リアルネガイオンがあんなに飛び回ってたまるか)出回るんだよ。 たかがバリウム塗るといふ、科学的に実証されたお肌のケア関係特許が、普通の縦…

対象化されたノモス

作者Aである山本弘大先生は、自身の作ったリファール国王リュキアン王女陛下に萌え萌えで、彼女自身としてはどっか行きたい気があるのだが、仕事があったりその他があったりするので行けない、と言ふのを力説してゐる。 そのリュキアン王女陛下は、「国とは…

ぬこぬこ

前に、その辺のぬこから、にじり登られた。身長百七十五センチのおっさんへ彼らがのぼるモチベーションがどこから出てくるのかは謎である。さう言へば、ムツゴロウこと畑正憲大先生が、攀木性肉食獣としてのネコ科生物説に対して、前えらいこと飼ってゐたね…

生き物って難(ry

支那で発見された卵生のカワウソカストロカウダ (「天空の城ラピュタ」に出てくるミノノハシにそっくり!)だの、卵生肉食のモモンガ、ボラティコテリウムだのも収録された本書で、翼手目は「分子生物学的にも無盲腸類(モグラとかトガリネズミとか)の姉妹群」…

啓蒙 2

1903年、上海で教鞭を振ってゐた河原操子さんは、内蒙古のカラチン王の招聘でそこへ教へに行くことになる。ついでに関東軍から「ロシヤの情報傍受して」とか言はれる。絶対全身ピチピチのズボン付ワンピースの服とか送られてると思ふ。パパ(信州松本藩の儒者…

原理的なカルトを描く

天才、いしかわじゅんが、何かを遂げた作品集で新潮社から大昔出た。 いいけどヤングマガジンで掲載された奴を、エロ雑誌で掲載されてゐた奴と合はせて売るといふ、かっこいい真似をさらす新潮社は、それから、こっちでカルト教団とか呼ばはりする創価学会の…

啓蒙する・・・

南信 辺りの啓蒙家をふと集めてみる。 かう言ふので行くと、田中芳男と言ふ、天才で「上野へNERV作ろうとして大失敗はした」男が出るのだが、はい。地元で売ってたやつが、アマゾンで扱ってくれないんだか検索しても出ないよ。あー田中先生は秋津島にゐない…

呼吸と、なんか

「恐竜=鳥説」の根拠として、気嚢があった可能性を示唆する。 マジュンガサウルスの骨、気嚢の辺がくぼんでたので「あったんじゃねえか」ださうである。この本のキノドン類のイラスト、もふもふしてるけど耳介が無い。 気嚢の説明が最強。但し「恐竜に気嚢…

アイリッシュ

あー レンタル映像ソフト屋で「コナン・ザ・グレート(アーノルド・シュワルツェネッガー主演の)」借りようと思ったけどやめた。 コナンとかが拝んでる蛇(「シュワルツェネッガーは「クロム」と発音してゐるが、アイルランドの辺では「WとMは紛らはしい」ら…

藝術としての政治

藝術として政治を行ふものが群雄割拠してゐるところで、藝術の一環としての政治家を目指すへうげもの 織部の活躍。 織田信長が、支那や天竺まで平定し、「信州」(厳密には「信」)と号さうとしてゐる。ほほう。

スコティッシュ

マッサンなんて見ない。 あああああ選挙が外人としては「イングランドと仲良いんだなぁ」なことになってしまったが、この先どうなるのか不明。スコットランド人の中二病こじらせた輩が拵へた、フリーメイソンリーの儀禮にはスコティッシュ・ライトといふアレ…

ローマ帝国のばかぁ

よくわからないが、ローマ帝国ができた際、帝国の人になると言ふのに納得した人が、ローマの領土でえらいことゐて、さう言ふペルシャ系の人が「天文学」の制定に、参加したらしい上、 ローマがアレなため、別にお国の神話がばかにされるわけでも辺境の人がギ…

ふと一斉教授

近代に入ってから出たはずの、パノプティコン監獄のやうな一斉教授、先生の方へ生徒が全員向く形式が、それ以前にあったと言い張る、多分説得力を持ってでっち上げられた例。 パノプティカルになっちゃったのは多分先生のカリスマによる。原作者と作画担当が…

イネ 

佐々木高明 中尾佐助とか(『もののけ姫』のネタ提供の先生)によると、人類は「禾本科の一年草」を栽培植物にした(『栽培植物と農耕の起源』岩波新書)さうであるが、日本の先人が喰ってたらしい「弘法麦」は多年生である。これは栽培植物でないのでまだいいが…

ペンは剣より強いらしい

ナチス・ドイツやソ連へ、ペンで戦ひを挑み、まあ勝ったっちゃ勝った記録。その「ガルム」誌でちょび髭の伍長さんなどを揶揄したバカ女トーベ・ヤンソンは、された方から物理的な報復(出版社へ爆撃とかは普通)を喰らひながらの執筆の後、流石に童話作家へ転…

嫉妬する手塚治虫

七色いんこ 別に好きと言ふわけではないが、読む。 でもって、手塚大先生は、SF大会へ、気の狂ったやうな仕事と宝塚歌劇とその他でくそ忙しいのに行くバカたれで、そこへ行くと、いしかわじゅん、吾妻ひでお両者が、本人によると「いちゃいちゃ」ファンによ…

おたかさんありがとう

ワンダーライフ(と言ふオカルト雑誌が前小学館で出てゐた)ははまった。 ほぼ同時期に呉智英氏の本にもはまってゐた筈であるが、当時小島露観と名乗ってゐたワンダーライフの主筆(ていふのかな)現ザイン帝國の伯壬旭は、呉氏の言ふ「民主主義の否定」をしてゐ…

欧州エキゾティック

渓由葵夫「聖剣エクスカリバー」 小学館のラノベの前身の文庫から出て大失敗した作品 作者は関西人で、トンデモ本大賞受賞の経歴を持つ。高校生の兄ちゃんが二人と姉ちゃんが一人、「キリスト教の無い中世ヨーロッパ」へすっ飛ばされて、悪魔とアーサー王と…

平均的で衒いのない宣伝

で、宮崎駿御大が、「お話を作る作業=作者の死生観」がさらけ出される作業として 、彩花みん のアニメ化偽企画をあげる。原作は閻魔大王がどうとかなのだが、もしその企画が通った場合、「舞台はヴァルハラ」「ヒロインは戦士エインヘリャルの宴会とか剣戟…

映画のアレを

で、「差別と在日をネタに!」と言ふ映画論を展開した大月隆寛先生は その文章が載った本の刊行結構あと、朝鮮系日本人が映画界とかに結構ゐてアウェーな感じになってゐると言ふ恐るべき事態に、なんとか仰っておられるが、町山智浩(朝鮮系ハーフと言ふか妹さ…

調伏される他者

あ、呉智英氏は、なんだ、「都知事になって、「差別「も」ある楽しい社会を!」と言ふマニフェストを掲げ、当選したら自衛隊を編入させるために都民の皆さんにデモとかストとかしてもらう」 とか仰っておられたが、大月隆寛大先生が呉氏へのインタヴューでそ…

アメリカ エキゾティカ

ペンギンズメモリー 幸福物語 full movie(1985年) ヴェトナム戦争のやうなもので疲れた兵士が田舎へ帰って地元の歌姫に恋をするのだが思ひがなかなか。アメリカが舞台らしいのだが戦友、地元の人、歌姫、全員同一種のペンギン。ヴェトナムらしいデルタ戦争…

個性を引き出す

岡田斗司夫ののたまはく「個性は潰してちょうど」 同様のことを、呉智英先生が言ってゐて、心理学の人によると、キチガイ@個性的過ぎる人へは、古典の模写をさせると良いさうで、てふか普通、弟子へは古典の模写をさせる。これで才能のない人はしかるべき職…

電話の関係

携帯電話でつながってる人の処へ、ある時間帯世界の信徒が同じことをすると言ふ形で繋がる一族がテロをかます9.11テロの直前に刊行!は良いとして、同画面に対話者が両方入ると言ふ案は、完全に却下されてゐる。電脳コイルにせよPLUTOにせよ。でそのやう…

生物の関係のなんか

佐々木倫子「動物のお医者さん」 線条性を拒否する絵がー、チョビとかネズミのもふもふはいい感じ。 このマンガの中第三話で、ただ単にレトリックとして"「恐竜(多分トラコドン)」が昔(多分 西根家のおばあちゃんがが学生時代だから大正時代と思はれる頃)北…

植物化した超常生物

まえやってた永瀬唯「デッド・フューチャー ReMIX」で、SFの元ネタとして、ロシヤのフヨードロヴィッチ・フョードロフの説を挙げ、人間は植物化するのを示唆してたと書いてあったやうな気がする。 フィエステリア・ピシシーダに関しては理性的だな。の…

社会性生物

によれば、リチャード・アレキサンダーと言ふ先生が、社会性生物について、「食べ物がいっぱいある処で「食糧貯蔵庫」を作る種が、倉庫番と子供育て個体ををなんらかの形で去勢して作ることになり、そういうのがワーカーに進化する」と言ふ仮説を立て、もし…

言論の自由を

言論の弾圧に屈してはならない と福島瑞穂先生は仰った。二千十四年の クオリティペーパーとしての朝日新聞バッシングはよくないさうである。 この場合朝日新聞の吉田調書の記事は菅直人元総理大臣閣下様に媚を売った点が叩かれてゐるとか、池上彰氏の普通の…

五行思想となんか

インドでの五大元素説があるのであった。で、支那がさう言ふのを取り込みながら、支那オリジナルの五行思想をいろいろやってゐるのであった。 インドラぢゃねえよなぁ(調べるこずくがない)の雷神と、ヴァーユと言ふらしい風神は、マッチョなものとしてインド…

日露戦争 フランスと風刺画の

特に意味もなくフランスから。 戦争の前 フランスに、ロシヤ人が信じる、「今度の戦争は、アレクサンデル一世陛下の落飾し最終解脱したお姿であらせられるサロフのセラフィム様が、英国の前掛け(日本)をぷちっと潰すであろう」 と言ふ当時としての大昔、言は…

ネーションを拵える 米国

ウォルト・ディズニーは「正しいヨーロッパ移民の末裔であるアメリカの土人」として、どういふちゃんとした身振りをするかを描く際、ミッキーマウスに代表されるやうに、握手に一応注目した。その為文明圏人である、土人で紳士のミッキは握手をするためのマ…

アレ制定直後

さう言へば、新字新仮名は千九四十六年から使はれるやうになったわけだけれども、 一九四六年発行のこれで、古典のデフォルトと言ふか最小単位としてのかなづかひに関して折口先生はいろいろ言ってゐる。 あまり 「新かな使いは論理をずたずたにするものであ…

差別じゃないけど

都立松沢大学の芦原先生へ呉智英先生がお伺ひした説で、人名に関するものがあったけども、さういへばちょっと前に、NHKの特集番組で、HEROと言ふ聾者プロレス団体をやってゐた。そこに「百太聾」といふリングネームのお姉さんがゐて、皆から「ももちゃん」と…

差別とか

『風の谷のナウシカ』 二次元の特殊被差別民の人蟲使いが登場、主人公が、序盤から「汚らわしい」と表現し、最後まで彼らの文化を冒涜し続ける。 多分網野善彦史観の関係で、凶悪な暴力機構である帝国は、蟲使いの人を保護する。クシャナ殿下は蟲使いを「大…

神のタハケ

柳田國男は「タクラタ考」で「魂が過剰に入ったために」と説明されるバカを紹介する。「その魂のキャパシティを持つ生き物=鯨」になって帰ってくるから大事にするらしい。 白川静「字訓」によると、たはけ(淫)は、なんぞ生霊系を身に着かせると言ふ語である…

影響とその他

中尾佐助説 根栽農耕文化 インドシナ半島の何処ぞで発生。堀棒で掘って「喰ふ所の端」を放り込む。家畜のやうなものとしてイヌブタ鶏 種はあまり喰はない サヴァンナ農耕文化 ニジェール川上流域で発生 禾本科の夏作物の一年草を育てる。藝て(うえ)てから大…

孔子と老子とカッバーラ

柳田國男大先生によると、なんだ、巫女はんは、元々かんなぎ系だったのが、後「口寄せ系」といふ放浪する巫女を生むに至った、さうである。 どうかはわからないが、神にせせられて各地を彷徨ひ初める のはありうると思ふ。 で、支那の方である。白川静著 「…

かむりいろいろ

ウェールズ!はアレなところだったらしい アト・ド・ヴリースによると「一種妖精のような」扱ひを受けたらしいので、 マザーグースで、ウェールズ生まれのインチキ 泥棒タフィ(カムリの一地方が「ダフェド」なのでそこから)は「帽子をピンでとめる」といふ魔…

生き物って難しい

前 可愛い柴犬ちゃん飼ってたことがあった。 夜中になると「性的な交接」を、雌なのに要求してきた。雌なのにマウンティングしてきた。物の本には「ヒエラルキーを確認するための行為」として雌同士でさういふ行為をやるさうだけど、それには見えなかった。 …

なげる

柳田國男大先生は、池袋の石打ちと飛騨のゴンボダネと言ふよく判らない取り合せで、池袋のポルターガイスト物を取り上げてゐる。柳田説では 微妙にナントカ袋と言ふ地名と関連付けてるが、池尻のお姉さんも有名らしい、さういふのは、普通に「器用な投擲藝の…