読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古生物 となんか

論語の一説、
子曰く(し、のたまはく) 觚(こ)、觚ならず 觚ならんや。觚ならんや
 (「儀礼用の器は変るといふ世界の定説に納得するわけにいかん!」の意。マンガ家島本和彦先生の炎の言霊と似る)の漢音 「こーふーこー」は、日本語のオノマトペにおける「ぽっぽっぽ」であるらしい。
 古生物で、コンフキウソルニス・サンクトゥス(孔夫子鳥 聖 「翼 歯無し」の意らしいが不明)なる「鳥」がゐるが、バイオテクノロジーの発達で、この鳥のクローニングが成功した暁に、
「どーどー ぽっぽお」
と言ふ声が響くとしたら やだなあ。
 さういへば 「ちゅんちゅん」に当たる語での、論語のパロディ(為政第二・17)もあるんだよなあ。 

 コンフキウソルニスは「wing without tooth」と言ふ意味と表記。

 1990年ころ、北朝鮮 朝鮮民主主義人民共和国のある女子中学生が、建設現場の石に何ぞの骨を認めたので、地質学の先生へ見せたところ、「朝鮮始祖鳥」と言ふ名前をつけられ、1993年に一応まあ発表っちゃ発表され、切手にもなったらしいのだが、その後支那のまともな先生方がそれを調査研究し、「コンフキウソルニス」であると結論付けた。と書いてある本。

広告を非表示にする