読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古生物は難しいんだってば

いきものとか

 佐々木倫子動物のお医者さん

 刊行当時は ただ単にレトリックで使はれる、「恐竜(多分トラコドン)」が昔(多分明治時代と思はれる頃)北海道にゐた当時に、といふのは、これは全く関係ないけど、a明治期の北海道に棲息は無理ぽいb単一の物だと言はれてゐたが、後「明治ころの北海道で恐竜はぎりぎり棲息が可能」と言ふ恐るべき可能性が示唆され、「ていうか、トラコドンと言う生物はエドモントサウルスと一緒」後「エドモントサウルスの標本は一種のキメラで、二種の骨が混ざっているのでその二種目を「アナトティタン」にした」といふややこしい事態にも見舞はれた。線条性を拒否する絵がー、チョビとかネズミのもふもふはいい感じ。因みに後北海道で、ハドロサウルス類の化石がマジで発見されたと言ふ。さうなのかっ。

 さらには トラコドンと言ふかアナトティタンは足に水かきのやうなものがあったので、水生生物説があったのだが、後彼らは体が水棲に向かず、足のナニは「恐らく肉球と思われる」と言ふ説が有力になってゐる。鳥類より生物のくせに肉球を持つとは。

日本の白亜紀・恐竜図鑑によると、「2015年も掘っている」状態で、「新種である」可能性があるさうだけども。

 北海道と言ったら、「プロントザウルス保護連盟」と言ふ謎のタームが適当に出る

バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)(単行本の初出は1993年)がありました。

 

 植物食翼竜!アーケオラプトル・リャオニンゲンシス!(に関する顛末)が出る。「ブラキオサウルスと、似たようなのでギラファティタンがいる」と言ふ説を展開。

「ザ・パーフェクト」 西村智弘 土屋健

 北海道でハドロサウルス類の新種の結構いい状態な標本が出た旨と、発掘に関するいろいろを描く。


 普通に死んで普通に流れて普通に化石化したらしい旨が描かれる。