読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御言を聴けと

特に根拠のないわけでもないのだが、
 怖くてなんかリンクがはれんのだが、
摂理人の人、キリスト教福音宣教会の人は、さすがに宮崎駿作品をご存じならしい(若干知らん可能性がある人がゐる)のだが、

 マインドコントロールとやらを受けてゐるらしく、ブログで
「宮崎さんはクリスチャンです」
とか言ふ。ざっと見た限り、ヨーロッパ系のアニメでキリスト教文化が出るのを指して言ってなくて、

然るべきもので言ってゐる。

 「キリスト教文化に強烈な羨望観がある」代り、「キリスト教が大嫌い」で、
どこかの教会で見たイエス像を「なんという醜い神を拝む宗教か」と嫌ひになった、とか、ちょっと探せば出るのだが

 といふか、「異教徒は霊魂を持たないのでぶっ殺していい」といふ宗教観が出ててうざいアンデルセン(中二魂が「アナセン」と書かうとしてゐるがやめる)を、
ジャパニーズにアレンジした「崖の上のポニョ」は、DVDなりブルーレイディスクなりの裏に書いてあるのだが、

 彼らはパヤヲ=クリスチャン説を曲げない。

 さらに、マルクス主義が「キリスト教をひっくり返したもの」で、そのあれが例へば「アルプスの少女ハイジ」を出して
クララがあのゼーゼマンさんの凶悪な暴力機構(なんかジブリ組は欠損家庭は描くが崩壊家庭が出ない)から解放され、アルプスラント(共産党ってアルピニスト多いよなぁ)で労働による連帯をした果てに、足萎えが癒されるといふ点を出して「イエスのいるマルクス主義」になってゐるとかを基本言はない。

 とかの完全にゆがんだ目で見るパヤヲクリスチャン説で何となく癒されてゐると、マンガ版「風立ちぬ」が出た。
宮崎さんの奥様の親戚筋の、品川さんがキリスト教的なナニで、ペリカン食堂と名付けた食堂で、禁煙ファシズムはうざいけど結核患者は勘弁してほしいなぁの堀辰雄が、リアルは嫌煙家だったらしい堀越二郎と煙草バカバカ喫みながら、「ナチス政権はごろつきの集団だとドイツではみんな言っていた」とか、堀辰雄作品にリスペクトしつつ共感する堀越二郎と示唆する堀辰雄が、描かれる回の最後で、品川さんは実在するとか、女給の陽子さんはペンネームで本名が約百(ヨブ)だとか、品川さん(「冬の旅」が二郎の好きな作品として登場し、二郎が来ると品川さんがかけるらしい)が行ふ「たわしマッサージ」を宮崎駿御大がやってゐるとか、書いてあってかなり微妙。

広告を非表示にする