呼吸と、なんか

「恐竜=鳥説」の根拠として、気嚢があった可能性を示唆する。

 マジュンガサウルスの骨、気嚢の辺がくぼんでたので「あったんじゃねえか」ださうである。この本のキノドン類のイラスト、もふもふしてるけど耳介が無い。

 気嚢の説明が最強。但し「恐竜に気嚢があったかもと言われている」とか書かれてゐる。セイタカダイオウとか面白い。


ヘモグロビンがアレで、気嚢付の肺があるので完全に水から出ず、潮吹きもしないで生活できる鯨さんがナニする。
 
酸素の言訳 ミトコンドリアさんが進化したらしい、酸素いらない器官ハイドロジェノソームさんがおなかの中にある原生生物さん(絶対嫌気性生物さん)をお腹に入れてゐる生き物。あとセルロースエタノール生成生物さんがセルロースの糖化!や酢酸の生産をしてゐるさうである。

広告を非表示にする